株式会社タックル STAFFの日々


by tacllife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



春一番。
風がピューピュー。
いや、びゅーびゅー。
何か飛ばされたり、しませんでした?
久々に風がうるさくて目が覚めました。




4月並の気温だそうですね。
だけどもまた平年なみに戻ってしまうとのこと。
まあ、そうですよね〜

c0173405_17255029.jpg
春並みの気温に浮かれて、お花屋さんへ。
お花屋さんは、チューリップ。ラナンキュラス。ヒヤシンス。
カラフルな色にさらに心浮かれます。

ひかえめな ミモザ を購入しました。
春な黄色でかわいらしいです;)

つぎはどんな春の花にしようかな〜













では、また。

[PR]
# by tacllife | 2016-02-15 18:08 | インテリアの話 | Trackback | Comments(0)


寒い日が続くと、春が待ち遠しいですね。

音楽がすてきな映画を観ました。




パレードへようこそ
c0173405_22475474.jpg



〜あらすじ〜
イギリスで実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、カルチャー・クラブ、ザ・スミス、ブロンスキ・ビートといった1980年代のヒットナンバーにのせ、涙と笑いを交えて描く。
84年、イギリスで起こった炭鉱労働者によるストライキ。そのニュースを見たマークは仲間たちと募金活動を始めるが、彼らがゲイやレズビアン(LGSM)であることを理由に、その申し出は炭坑組合からことごとく無視されてしまう。唯一受け入れてくれたウェールズ奥地の炭坑町へ向かうマークたちは、炭鉱労働者たちと協力を模索。町の人たちと深い友情で結ばれたマークたちは資金集めのコンサートを企画するが……。


炭鉱の町の、頑なな男たちがLGSMのメンバーと徐々に打ち解けて、ダンスに興じていくシーンがすてきです。
また、炭鉱の実は強い女性たちも 愛すべきキャラクターで くすくすと笑えるところも!
その女性たちの歌声にも 心洗われます。





はじまりのうた
c0173405_22473912.jpg



〜あらすじ〜
ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。


みんなで作り上げていく音楽。
街角の雑踏の中で録音していきます。その楽しそうな様にどきどきします。
アルバムの完成パーティーで、急に音楽をSTOP、「踊らないでいられるかな?」と音楽を再スタート。
徐々に堪えきれなくなり、リズムにのっていくシーンが素敵でした。





音楽っていいですね〜。
もやもやを吹き飛ばしたい。
スカッとしたいときにもおすすめです。




ではまた









お気軽にお問い合わせください;)

[PR]
# by tacllife | 2016-02-03 23:14 | おすすめなお話 | Trackback | Comments(0)






いままでも紹介した鉛筆アート。







またまたすっごいのを見つけました



c0173405_11254963.png

レールまで、、枕木まで、、細かい!!

c0173405_11254648.png



c0173405_11255290.png




これを、作る根気のあるかたは、
今日みたいな悪天候の日も電車を何時間も待てるのでしょうか。
私はだめですね、、、
それにしても細かくて、おどろき!!です。


作者のかたのHPはこちらです



ではまた








[PR]
# by tacllife | 2016-01-18 11:31 | おすすめなお話 | Trackback | Comments(0)


暖かいお正月のあとは

急に本格的な冬がやってきましたね。寒うございます。

毎年、年明けにSTAFFと現場ご一緒にしている方々と顔合わせ昼食をします。

今年は、二子新地の台湾料理屋さん 麺線屋 formosa さんにお邪魔してきました。

ちょうど1周年を迎えた formosa さん。実はお店OPEN時に内装工事をやらせて頂きました。





コンパクトながら、居心地の良い空間のお店です。
c0173405_16481700.jpg


ランチョンマットが台湾MAPになっています。
お料理を待ちながらも、これを見ながら ぺちゃくちゃと
c0173405_16482605.jpg




頂いたのは、、
魯肉飯
c0173405_16483445.jpg


と、麺線 のハーフセットです。
c0173405_16484234.jpg
香辛料が効いていて、ぽかぽか  温まりました〜。
ごちそうさまでした。




テイクアウト もできるなんて!!
いいですね〜
家の近くにあれば・・・。
c0173405_16485184.jpg

場所は、
大山街道の LOWSON STORE 100 の角を入っていったところにあります。


すっかり、台湾へ行きたくなって帰社した昼下がりでした。
今度はぜひ、お酒を頂きたいところです。



















[PR]
# by tacllife | 2016-01-15 17:10 | おいしい話 | Trackback | Comments(0)

女川訪問記



お正月休みに

宮城県の女川(おながわ)へ 訪れてきました。

c0173405_186588.jpg






2011年の震災で大きな被害にあった町です。
c0173405_1863679.jpg




工事が、いたるところですすんでいました。
道の整備も、途中なのでナビを使っても頼りになりません。



c0173405_1864452.jpg

海から近かった交番も被害にあったそうです。


c0173405_1864089.jpg

奥に倒れて見えるのが、交番です。





津波で流された駅舎も新しくようやく完成しました。
c0173405_1863132.jpg

駅前には、無料の足湯があります。


2階には、温泉も併設されてます。
温泉の中の、お土産コーナーがこちら
c0173405_18151273.jpg

坂茂 さんの設計です。


c0173405_18151680.jpg

ということで、この材料は もちろん紙管 です。
なかなか座り心地もよかったですよ〜





c0173405_18152516.jpg

壁に額装されていたのは、震災時に手書きで発行されていた新聞です。
当たり前の 情報 が入ってこなくなるという状況に この新聞はさぞ心励まされたでしょう。





宿泊は、ここへ
c0173405_186958.jpg

エルファロ
スペイン語で 灯台 という意味のエルファロ。


震災後、旅館を失った主人たちが集まり、運営をしています。詳しくはこちらを

旅館の再建は、自治体の復興計画などいろんな問題をクリアしなければ難しく、紆余曲折がありできた
トレーラーハウスの宿泊施設です。
可愛らしい見た目、室内も快適な内装です。



そして、、
c0173405_186071.jpg

上のポスターは、昨年開催された 女川ポスター展  のもの。
魅力溢れる作品が面白いですよ。ぜひ見てみてください。
きっと、訪れてみたくなることうけあいです。















[PR]
# by tacllife | 2016-01-10 18:42 | おすすめなお話 | Trackback | Comments(0)