株式会社タックル STAFFの日々


by tacllife
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:考える話( 48 )

3.11



4年目の節目の日をむかえました。

すぐに忘れてしまう私達ですから、この日をきっかけに防災について
よく考えないとですね。

Yahoo!検索で、「3.11」と検索するだけで
今日限定で 1検索10円の募金になるそうです。


いまだ終息の見通しのつかない原発のこととか
仮設住宅で暮らしている方や復興に力をそそいでいる方々 のことを
すこしでも考える時間をもたないと と思います。





では、また〜:))☆












[PR]
by tacllife | 2015-03-11 12:40 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

小さくて目立つ。




かわいらしい、コーラのCM



小さくても目立つ。
小さいからこそ目立つ。



c0173405_20225325.jpg

大きいからこそ、目を引くとは限らないのですね ★














[PR]
by tacllife | 2014-05-19 20:25 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

BBQの後始末




朝は雨だったのが嘘の様に、晴れていますね〜。
車の中は、常夏ですな〜。




兵庫県でおきた山火事の原因がBBQの火の不始末だったそうですね。

野外が気持ちのよい季節。
せっかく楽しくBBQをするのであれば、片付けまで責任を持たないとだめですね〜。
何十年、何百年の時をかけて作られた自然ですから。。

それから『火』だけでなく、『ごみ』もですね!
自然を楽しむ人には、自然を壊さないことが必須のはずです。
個人的には、MY箸とMY皿を持参でECOにこだわってすると、おもしろいと思います。
あとは、飲み物はビン限定で、リユースとか!













[PR]
by tacllife | 2014-05-13 15:18 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

65歳





日本の総人口 25.1%が65歳以上となったそうです。

これからますます超高齢化社会にすすんでゆく日本ですが、

平均寿命がのびている今の時代、高齢者やシニアという呼び方も改めていくほうが良いかもですね。

かっこ良く、大人な時間を、楽しく生きる そんなお手本になってほしいです。






c0173405_09302117.jpg







リノベーション住宅推進協議会  の会員にならせていただきました。

詳しくはまた!













[PR]
by tacllife | 2014-04-17 09:33 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

3.11から3年

昨日は、3.11から3年でした。
改めて、いつ襲うか分からない災害に対しての意識をしっかりともたなければならないと感じています。




夜に、本屋さんへ行きふらっとしていたら こんな絵本を見つけました。
c0173405_10160178.jpg
谷川俊太郎さんの[かないくん]です。

淡い絵と、淡々と語るストーリー。
『死』にたいしての、(怖い)(悲しい)(不思議)
色んなことを考えても、実際にそうならなければ分からない未知。
だけど、それでいいんだと励ましてくれるような凛としたすがすがしい気持ちで読み終わる絵本でした。

ぜひ読んでみて下さい。







下写真は、お正月に訪れた被災地の『ゆりあげ』
c0173405_10134451.jpg
こんな、津波被害の建物が残る更地だらけの港ですが、、





元気に、ゆりあげ朝一  が復活しています!
おいしいものた〜くさんです。パワーをもらえる場所でした。

c0173405_10135225.jpg



[PR]
by tacllife | 2014-03-12 10:26 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

バーコードもおもしろく



日々の生活の中には、いろいろなデザインが隠れていますよね。

ここ最近は、パッケージに印字されているバーコードがおもしろい!

発想がうらやましいほどのアイディア満載です。
c0173405_19411203.jpg
c0173405_19412028.jpg

日常の中に、隠れているデザイン。ちょっと楽しい気持ちにさせてくれて嬉しいですね:))*


こちらでもいろいろなデザインが見られます↓↓
http://koikoikoi.com/2009/11/26-creative-japanese-barcodes/


株式会社タックル


[PR]
by tacllife | 2014-01-24 19:44 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

職人さん不足です



12月に入り、気温も下がってきましたね。
もう、冬コートに切り替えましたか?
タイミング大事ですよね。あまりはやくだすと、さらに寒くなったときに困ります。
でも、そろそろですね。


建設業界では、職人さんの不足が大きな問題となっています。
年末は例年もお正月をきれいなおうちで迎えたいという工事があり、
春にも、入学前・就職前にお引っ越しという工事があります。
今年はそれに加えて4月からの増税前に竣工したいという要望の工事が
増えているからです。


以前より、職人さんの高齢化や若い職人さんの不足が問題視されてはいますが
現状は明らかに需要と供給のバランスがおかしなことになっています。



業種によっては、すでに1〜2ヶ月まちということもありますので、余裕を持ったご依頼をお願いいたします。
しかし、『3%』のUP。
たかが3%‥‥とみるか
されど3%‥‥とみるか、
長い目でみると、3%に振り回されてしまうのもちょっと悲しいですね。
せっかくの工事。できるだけしっかりと計画・打合せをしてから進めたいものです。




お気軽にご相談ください。




[PR]
by tacllife | 2013-12-04 10:49 | 考える話 | Trackback | Comments(0)




年末慌ただしくなってくると、毎年事故も増えますよね。。


ご存知でしょうか。

12月1日から改正道路交通法が施行され、自転車の通行方法が規定されることになったそうです。

 そもそも自転車は基本的に車道を走るのが決まりで(歩道を走るのは例外で、(1)道路標識等で指定された場合、(2)運転者が児童、幼児等の場合、(3)車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合に限られる)、当然逆走はNGだったのだが、これまでは歩道がない道路にある路側帯(一本線で車道と区分された歩行者や自転車の通行スペース)では、双方向に通行できました。

 しかし、12月1日から、路側帯を走る場合も道路の左側部分に限られることになりました。

 違反した場合は「通行区分の違反により3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金」になるそうですよ。知らないと損してしまいますね。


道路交通法

警視庁サイトより

 また、警察官が基準に適合したブレーキを備えていないと認められる自転車を停止させ、応急のブレーキ整備や運転継続の禁止を命令できるようになる。警察官の停止に従わなかったり、検査を拒み、妨げた場合にも5万円以下の罰金となります。


 いままでも道路交通法でルールが決まっているもの。その割に、ルールを守る人が少なく、事故が多発していたために今回の改正に繋がったそうです。


車・自転車・歩行者双方が安全を意識して、事故で悲しい結末にならないようにしたいですね。

なにより、時間と心に余裕がある生活を心がけると、事故も減っていく様な気がします。


[PR]
by tacllife | 2013-12-03 09:06 | 考える話 | Trackback | Comments(0)

いよいよ



いよいよ、9/2から川崎市でもゴミの分別が多くなります。

【分ければ資源・混ぜればごみ】というキャッチ。
そうですよね〜。資源にするかしないかは、心がけ次第‥‥。

c0173405_8534862.jpg



いままで、牛乳パックや食品トレーをスーパーまで持っていかないといけなかった事を考えると気軽に出せて楽になるかな〜。

意外とはまると楽しい分別です。
自分の出来る範囲で、エコロジーを心がけましょう----!
[PR]
by tacllife | 2013-08-26 08:58 | 考える話 | Trackback | Comments(0)


c0173405_21323427.jpg





柴田の幼なじみが、監督した映画【犬と猫と人間と2 動物たちの大震災】が、6/1から上映開始されます。



予告編はこちらでみられます。



□映画の内容-----------------------------------------------------------
11年3月11日の東日本大震災で被災した動物たちと飼い主のその後を追ったドキュメンタリー。津波で愛犬を失った夫婦が、喪失を受け止めていく道のりに寄り添ったほか、津波から生き延びた男性と野良猫が再会して家族になっていく姿や、福島の原発事故で取り残された動物たちに待ち受ける苦難、被ばくした家畜の処分をめぐり困難に直面する畜産農家の人々など、人と動物たちのいくつもの別れや出会いが収められています。

c0173405_2142381.jpg



テレビ等のメディアでは一般的にあまり取り上げられることがなかった、被災した動物たちにスポットをあてたドキュメンタリー映画です。


以下、東京での上映予定です。
-----------------------------------------------------------
 1.渋谷・ユーロスペース情報
-----------------------------------------------------------
■6/1(土)より公開!
 1回目11:50 2回目14:00 3回目16:40 4回目18:50 
 ※全席自由席 各回入替制 整理券制
 
●料金
 一般1700円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/
 高校生800円/中学生以下500円

-----------------------------------------------------------
神奈川は、6/22からジャック&ベティ で公開がはじまります。
その他は公式サイトにて。









震災後に感じた自分の小ささ。出来る事の少なさ、不甲斐なさ。
誰の為にもなれない。何の力にもなれない。そんな事を思いました。
そんななか、唯一出来る事は、忘れない事だと考えました。

2年が経ち、あの時の感覚が薄れてきた今があります。

誰でもできる事、今でも出来る事。
それは『知る事』『考える事』そしてそれを続けることかもしれません。


ご興味がある方はぜひ、映画館へ足を運んでみてください。
ぜひ。ぜひぜひ!!




映画のちらしがほしい方は しばた まで。

ではでは、宣伝させていただきました〜。
[PR]
by tacllife | 2013-05-25 22:18 | 考える話 | Trackback | Comments(0)