株式会社タックル STAFFの日々


by tacllife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ナンバー11(No.11)


スリランカ、バワ建築探訪続きです。


スリランカの首都、コロンボ市内の閑静な住宅街の中に溶け込んでいる建物
(地元トゥクトゥク運転手さんが悩むくらい!)

ナンバー11 という名前。
そのまんま、11番地にあります。
4軒が連なる長屋の1軒から、周りの3軒を徐々に買い足して行ったという
面白いストーリーです。



エントランスを入ると路地のような、スペースが広がります。
c0173405_21485188.jpg
c0173405_21485085.jpg
吹き抜けや天窓などから差し込む光が、室内を眩しいくらい明るく照らします。

振り返って入り口側を見ると、バワの愛車が鎮座しています。かっこいい。
c0173405_21485187.jpg


c0173405_22072697.jpg
サロン(腰布)が素敵な、スタッフさんが案内してくれます。
(スリランカの人は基本温厚な、声が小さめで控えめで優しくなれます)

路地のような回廊を巡ると、応接室・リビング・ダイニング・ゲストルームなど
が現れます。複雑な間取りで迷路のようです。全ての部屋に入れるわけではないのが残念ですが、間取り図を見ながら一日中ぐるぐるしていたい感じです。
c0173405_21485294.jpg
c0173405_21484964.jpg


ドアもいけてます!
c0173405_21485043.jpg
40年をかけて、作り上げていったこの家。古い建物から解体された古材などを多く使い、丁寧に作られていった室内は、いろんなものを取り入れてできていて独特なものになっています。一概に○○建築って呼べるものではなく、バワが人生を通して作り上げた家。って感じです。
北欧の家具があったり、オブジェがたくさん随所にあったり、それが心地よい空間のパーツになっているのだろうな。

c0173405_22074605.jpg
ちなみにここは宿泊もできるんです。
(ちょっとカビ臭いので、勇気が必要そうですが、、、)







c0173405_22070694.jpg
階段も、登る前にドキドキしちゃうまぶしさ。
c0173405_22080445.jpg






階段をのぼり、ルーフバルコニーへ。
キッチンもあります!
c0173405_21485137.jpg



コンクリートの踏み台にも植物のスタンプが押してあります。
これいつか真似したいな。素敵です。
c0173405_22073868.jpg



最後にこれなにか分かりますか。涙型の‥‥‥。
c0173405_21485239.jpg
キャンドルです。
ここにココナッツオイルを入れて、蠟芯を入れて火を灯すそうです。
うん、素敵ですね〜!



建物を、長い年月をかけて 自分イズムにカスタマイズ(あ、韻踏んだ!)して作りあげていけたのは、羨ましいなあと感じました。
やっぱり、1つ完成しても次から次へとやりたいことが思い浮かんだのでしょうか!?



ではまた〜












[PR]
# by tacllife | 2017-03-12 22:39 | おすすめなお話 | Trackback | Comments(0)

現場

日に日に、時の流れの早さに驚愕しております。今年ももう3月。
でも、昨年の仕事を思い出すと、あれもっとずーと前だったような‥とも思います。
早いのか遅いのか分からなくなります。



という怒濤の日々を過ごしているわけですが。
その中で、目黒で外科を作っております。
c0173405_11540619.jpg
ボードの山が丁度診察台みたいになっております。


夜中に階段でしか運べない物を一生懸命運んでくれる運び屋さんがいて、
図面では分からない現場での納まりを、
より強度があり仕上がりがきれいな納まりを考えて作業してくれる職人さんがいて
そんなみなさんのお力で日々色んなものができているのです。

そんな現場の動きを潤滑に、且つよりきれいな終着にたどり着ける様に
こちらもがんばらねばーという事で

日々がものすごい早さで過ぎて行くのでした。


ではまた。とりとめのない話でした。














[PR]
# by tacllife | 2017-03-09 12:03 | しごとの話(施設オフィス店舗) | Trackback | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

楽しく 平和で 笑いのたえない 実りの多い1年になりますように!










[PR]
# by tacllife | 2017-01-12 12:48 | TOPICS | Trackback | Comments(0)

年末年始休業


2016.12.29 師走。。

いつもに増して慌ただしい毎日を送っている、すさんだ心を
お客様からのお手紙が癒してくれました。
c0173405_12450102.jpg
カレンダーをお届けしたお礼のお手紙なのですが、電話でもなくメールでもなく
お手紙をいただけることって嬉しいです。
今年の年末は大変慌ただしかったので、、年賀状などもいつもよりおざなりにしてしまったことを
反省。来年は一筆添える余裕のある心をもち続けて行かねば!と思っております。

ということで、お仕事がなくてもお手紙ください。笑!






2016年、慌ただしく過ぎていきました。
2017年 やりがいのある楽しいお仕事を素敵なお客様と職人さんとつくっていけると嬉しいです。


12/30(金)〜1/4(水)は年末年始休業となります。
(上記以外にも 長く休みをとるスタッフもおります!)

本年もたくさんお世話になりましてありがとうございました。
沢山の方に支えられ、助けて頂いて楽しいお仕事が出来ました。
来年も、スタッフ一同より一層力を合わせて、より良いお仕事ができるようがんばります。
引き続き宜しくお願い申し上げます。




皆様も、楽しいお正月をお過ごしください!!!

それではまた!来年に!













[PR]
# by tacllife | 2016-12-29 13:05 | TOPICS | Trackback | Comments(0)

カンダラマホテル




秋らしい、ひんやりとした空気に背筋が伸びる今日この頃です。



だいぶ前スリランカへ旅行して訪れた場所(スリランカを代表する ジェフリー・バワ建築メイン)を、数回に分けてご紹介したいと思います。

スリランカはセイロンティで有名ですが、それ以外に何かご存知ですか。
インド洋の涙とも言われます。ぜひ地図で探してみてくださいね。



まずは旅のメインイベントとして宿泊した カンダラマホテルです。
バワが内陸部に建てた唯一の建築物です。


c0173405_22350322.jpg

舗装のされていな細い道(イグアナが歩いている!)をガタガタと進み着いた先には、想像を超えたすてきホテルがありました。
c0173405_21503661.jpg
鉄筋コンクリートのシンプルな建物ですが、自然と一体化するように設計されており、月日を追うごとにその景観が変化しています。
c0173405_21503549.jpg


建物の廊下の窓にはガラスがなく、自然の音(風・鳥・虫)がBGMです。



c0173405_21503666.jpg
c0173405_21502992.jpg
このデスクからは遠くに世界遺産のシギリヤロックが望め、建築家バワのお気に入りの場所だったそうです。






c0173405_22343095.jpg
c0173405_22335512.jpg
既存の地形を生かした設計で、建物のエントランスには岩肌がそのまま取り込まれていたり外部との遮断するもの(窓やドア)が設けられていなかったりと、建物という既成概念を覆されました。





c0173405_21503585.jpg
c0173405_22354138.jpg
豊かな自然に囲まれた立地だけに、バルコニーに 猿も登場。洗濯物は絶対干してはだめですよ〜!!  盗まれますよ ‥‥。。




c0173405_22364998.jpg
落ち着きのあるインテリアです。広々で快適です。


c0173405_21503249.jpg
バスルームはガラス張りで、日中だと大自然を眺めながら半身浴もできます。




c0173405_21503447.jpg
ドアプレートにイラストもいいかんじでした。アメニティなども白黒で統一デザインされており素敵でした。



c0173405_21503761.jpg

スリランカのビール ライオンビール で一息。
ベビスターのようなスナックにバジルが一緒に炒ってあって美味しかったです


c0173405_21503865.jpg
夜は夜で幻想的な雰囲気が楽しめます。


c0173405_21502921.jpg
プールサイドに残る岩肌で、夕涼みしていると、笛の演奏が始まりました。
夢のようなひとときでした。



一生に一度は訪れてほしい。素晴らしい場所でした。

ホテルスタッフのホスピタリティも大変素晴らしいです。宿泊当日の早朝4時に訪れた外国人を、夕方からチェックインのはずのお部屋へ案内してくれた程です‥‥‥。



また、ご紹介します。












[PR]
# by tacllife | 2016-10-30 22:42 | インテリアの話 | Trackback | Comments(0)